group_title01


町内団体紹介

郷土芸能事業「山内番楽」

  • 担当:五城目町 教育委員会 生涯学習課 町民センター 1F TEL 018-852-4411

Blog post

五城目町の無形文化財に指定されている山内番楽。
番楽は、別名「山伏神楽」とも言われており、神楽がルーツであることから、悪霊を追い払い、豊作を祈願する意味を持つしぐさが、舞で表現されています。
元々、五城目町内には、およそ400年前から、山内、西野、中村、恋地と、4つの番楽が継承されていましたが、後継者不足が深刻化する中、現在は、山内番楽だけが活動を続けており、技術の継承、後継者育成のためにこども教室を開催しています。

内 容

五城目町に伝承されてきた四番楽の中で唯一残る保存会として活動。
近年は五城目小学校で授業の一環として番楽の指導をおこなうなど地区の活動にとどまらず、その幅を広げている。また、生涯学習課主催の番楽教室で子どもたちへの指導を行い、番楽競演会で披露している。
山内番楽が全て楽しめるのは5月第3土曜日に五城目神明社にて開催される「五城目神明社祭典」です。

コメント

番楽は、元々、地域に根ざしたものでした。地域の中で育まれ、地域で独自に伝えられて来ました。
町では、毎年「番楽競演会」を開催し、町の伝統芸能を披露しております。以前は、競演会の演目について、四つの番楽代表者が集まり、喧々諤々の末、決定するなど、各地域の番楽は元気でした。しかし、少子化という言葉が広まるにつれ、地域の番楽にも影響が出てきました。
そこで、集落の枠を取っ払って、「山内番楽」を「五城目番楽」に置き換えて五城目町全体で守っていくことにしました。
2015年度から番楽教室を開催することにし、また、小学3年生を対象に授業で山内番楽に触れる機会を作ることによって、少しずつ踊れる人が増えてきています。新聞など、各種メディアにも取り上げられ、盛り上がってきました。
今後は、踊れる人を増やすのもそうですが、指導者の後継者も育てていくことが合わせて必要です。また、今後はさらに小中学校とも連携を図っていきたいと考えています。

イメージ画像



関係機関一覧

各種施設・団体のホームページへ移動します

  • 五城目町役場健康福祉課/まちづくり課/学校教育課/生涯学習課/住民生活課


    秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1丁目1-1
    TEL018-852-5100[代表]

  • あきた結婚支援センター中央センター(秋田市)


    秋田県秋田市中通6-7-36(フォーラムアキタ1階)
    TEL018-874-9471[平日9:00~21:00/土日9:00~18:00]

  • ARUCO冊子版(PDF 7.9MB)


    PDFデータを閲覧するには、Adobe社の「Adobe Acrobat Reader」をインストールしてご覧ください。